ヴィッツ国内トップの26.5キロ - スバル車日記

スバル車 売る

スバル車日記

スバル車のことを日々更新中

ヴィッツ国内トップの26.5キロ

2010年10月23日

スバルとの提携企業、トヨタのお話です。

トヨタのコンパクトカー、ヴィッツが、12月にフルモデルチェンジを迎えます。
で、エンジンが改良されるんですが、なんと、リッター26.5キロメートルで、これはガソリン車の中で国内トップの燃費の良さ!

これまでのトップは、日産が7月にモデルチェンジしたマーチの26.0キロでしたが、0.5キロも上回る形になりました。

ライバルとなるフィットハイブリッドはリッター31キロとしているので、その差は5キロ。
ガソリン車とハイブリッド車でたった5キロしか違いが無いのは、もはや超低燃費と言ってもいいのではないかというくらいのデキでしょう。

新型ヴィッツは、アイドリングストップ機能を搭載して、信号待ちでエンジン停止。そのぶん、燃費が良くなります。
また、エクステリアは男性よりになり、不景気×ガソリン高で小型車へ乗り換えたい中型・大型カーを所有する男性層を取り込みたい模様。

ヴィッツは、トヨタで第2位の人気車種(トップはプリウス)。
マツダもスカイコンセプトと称してリッター30キロの低燃費カーを発表するし、ダイハツも軽自動車ですが燃費新基準でリッター30キロを超えるイースの発表を控えているなど、低燃費競争はとても熱くなっています。

スバル車日記のトップへ戻る

スバル車を1円でも高く売るテクニックmenu

R1 売るR2 売るインプレッサ 売るインプレッサアネシス 売るインプレッサWRX STI 売る
エクシーガ 売るステラ 売るディアスワゴン 売るデックス 売るフォレスター 売る
レガシィB4 売るレガシィアウトバック 売るレガシィツーリングワゴン 売るお乗りの車がないときはコチラ